柳宗悦 とは

タフライスツールを代表作とする世界的デザイナー柳宗理の父であり日本を代表する工芸作家 柳宗理が現館長を勤める日本民藝館の初代館長。

まずは一度弊社にご連絡を。 お電話、または LINEから。

以下のフォームからのお問合わせが早くておすすめです。

お問い合わせフォーム
Image

イズヤリサイクルの「柳宗悦」の買取事例一覧

イズヤリサイクルではこれまで以下のような「柳宗悦」に関する品物の買取をさせていただきました。売買をすべて自社で行う専門業者だからこその納得査定にご期待ください。「柳宗悦」に関する品物を売るのも買うのもイズヤリサイクルへお任せください。

D型 整理タンスⅠ

「D型 整理タンスⅠ」を買取させていただきました

「柳宗悦」の「D型 整理タンスⅠ」を買取させていただきました。イズヤリサイクルでは「柳宗悦」の「D型 整理タンスⅠ」を買取しております。

C型 下駄箱

「C型 下駄箱」を買取させていただきました

「柳宗悦」の「C型 下駄箱」を買取させていただきました。イズヤリサイクルでは「柳宗悦」の「C型 下駄箱」を買取しております。

#520L型 ラッシチェア

「#520L型 ラッシチェア」を買取させていただきました

「柳宗悦」の「#520L型 ラッシチェア」を買取させていただきました。イズヤリサイクルでは「柳宗悦」の「#520L型 ラッシチェア」を買取しております。

松本民芸家具 C型食卓

「松本民芸家具 C型食卓」を買取させていただきました

「柳宗悦」の「松本民芸家具 C型食卓」を買取させていただきました。イズヤリサイクルでは「柳宗悦」の「松本民芸家具 C型食卓」を買取しております。

ダイニングチェア

「ダイニングチェア 」を買取させていただきました

「柳宗悦」の「ダイニングチェア 」を買取させていただきました。イズヤリサイクルでは「柳宗悦」の「ダイニングチェア 」を買取しております。

#521L型 ラッシ アームチェア

「#521L型 ラッシ アームチェア」を買取させていただきました

「柳宗悦」の「#521L型 ラッシ アームチェア」を買取させていただきました。イズヤリサイクルでは「柳宗悦」の「#521L型 ラッシ アームチェア」を買取しております。

#521L型 ラッシ アームチェア

「#521L型 ラッシ アームチェア」を買取させていただきました

「柳宗悦」の「#521L型 ラッシ アームチェア」を買取させていただきました。イズヤリサイクルでは「柳宗悦」の「#521L型 ラッシ アームチェア」を買取しております。

#520L型 ラッシチェア

「#520L型 ラッシチェア」を買取させていただきました

「柳宗悦」の「#520L型 ラッシチェア」を買取させていただきました。イズヤリサイクルでは「柳宗悦」の「#520L型 ラッシチェア」を買取しております。

C型食器棚

「C型食器棚」を買取させていただきました

「柳宗悦」の「C型食器棚」を買取させていただきました。イズヤリサイクルでは「柳宗悦」の「C型食器棚」を買取しております。

H型ボールフットビューロー

「H型ボールフットビューロー」を買取させていただきました

「柳宗悦」の「H型ボールフットビューロー」を買取させていただきました。イズヤリサイクルでは「柳宗悦」の「H型ボールフットビューロー」を買取しております。

松本民芸家具 欅材違い棚

「松本民芸家具 欅材違い棚」を買取させていただきました

「柳宗悦」の「松本民芸家具 欅材違い棚」を買取させていただきました。イズヤリサイクルでは「柳宗悦」の「松本民芸家具 欅材違い棚」を買取しております。

C型 マガジンラック

「C型 マガジンラック」を買取させていただきました

「柳宗悦」の「C型 マガジンラック」を買取させていただきました。イズヤリサイクルでは「柳宗悦」の「C型 マガジンラック」を買取しております。

松本民芸家具 角型三面鏡

「松本民芸家具 角型三面鏡」を買取させていただきました

「柳宗悦」の「松本民芸家具 角型三面鏡」を買取させていただきました。イズヤリサイクルでは「柳宗悦」の「松本民芸家具 角型三面鏡」を買取しております。

松本民芸家具 #80型朝鮮棚1

「松本民芸家具 #80型朝鮮棚1」を買取させていただきました

「柳宗悦」の「松本民芸家具 #80型朝鮮棚1」を買取させていただきました。イズヤリサイクルでは「柳宗悦」の「松本民芸家具 #80型朝鮮棚1」を買取しております。

羽根付ベンチII

「羽根付ベンチII」を買取させていただきました

「柳宗悦」の「羽根付ベンチII」を買取させていただきました。イズヤリサイクルでは「柳宗悦」の「羽根付ベンチII」を買取しております。

まずは一度弊社にご連絡を。 お電話、または LINEから。

以下のフォームからのお問合わせが早くておすすめです。

お問い合わせフォーム
Image