伝統工芸輪島塗り茶棚 初代井波喜六斎蒔絵漆

伝統工芸輪島塗は海外ではJAPANと呼ばれており
日本工芸美術の代名詞として最も高い評価と地位を得ております
独特の質感と光沢を放つ漆の艶やかな黒呂色
初代井波喜六斎作輪島塗金蒔絵飾り棚
漆塗り本来の味わいを楽しむ為
シンプルなフォルムでつくられた存在感のある佇まいの飾り棚。
大輪の牡丹を中心に蝶が優雅に舞うシーンが
躍動感溢れる活き活きと大胆なタッチで描かれています
室町時代から受け継ぐ伝統工芸は巧みの技を習得した
職人の手によって一つ一つ丹精こめて塗り重ねられ
重厚で深みのある漆黒に仕上げられます。
本物だけが持つ艶やかな光沢と質感、これぞ世界に誇る日本の「黒」
日本が世界に誇る工芸美術の逸品です。

Share this Post: