ノールknoll ハリー・ベルトイア サイドチェア

ノールknoll ハリー・ベルトイアサイドチェアを買取させて頂きました。


Manufact : ノールknoll / America
Designer :  ハリー・ベルトイア Harry Bertoia / Italy
Introduce : 1952
Size : H760×W580×D450(mm)


空気の流れを視覚化したかのような3次元のフォルムは、「座ることができる芸術作品」と称されるハリー・ベルトイアワイヤーコレクション、サイドチェア。
ベルトイアは数十本線の曲線が異なるスチールロッドを変形させることなく、溶接する技術を開発。その技術が安く大量生産に適したたために爆発的な売れ行きを見せました。
ベルトイアは「この椅子はまるで彫刻のようにほとんど空気でできている。空間は椅子を通して太陽光線と空気の揺らめきにより構成される」と評しています。
この椅子はイームズのワイヤーチェア「DKR」とよく比較されますが、制造も制作過程も全く異なります。DKRのワイヤーが正方形の格子状であるのに対し、こちらは曲線に合わせて、一つ一つの網目が形を変えて配列されていて、金属彫刻家ベルトイアの手作業へのこだわりが見て取れます。
その美しいワイヤーフレームを、見た目が動物の皮に似ているビニールレザー・ナウガハイドで覆った非常に珍しいモデルであり、その鮮やかなオレンジ色がひときわ印象的。一見すると芸術性が前面に押し出されている印象を受けますが、快適な座り心地であることでも高い評価を得ています。
空間、フォルム、特質にこだわった彫刻のようにあらゆる方向から眺められるようにデザインされた、ミッドセンチュリー期を代表する名作チェアです。

Share this Post: