Walter Knoll デンマーク ヨルゲン・カストホルム FKハイバックチェア

ドイツに拠点を置くWalter Knoll
ヨルゲン・カストホルムとブレベン・ファブリシャスの2人によるデザイン
FKシリーズバケットチェア6725
FKシリーズは
ファブリシャスとカストホルムによりデザインされた作品は、二人の頭文字を取り「FK」の名前が付いています。
二人はインテリアを学んだ学生時代に知り合い、1961年に建築設計事務所を設立しました。
個人で設計を担当する事もありましたが、二人が共同してデザインした家具は大きな成功を収めています。
北欧では木製の家具が全盛だった時代に、革とスチール/アルミを用いた作品を発表し話題を集めました。
1961年にデザインされたFKバケットチェアは、北欧クラシックの名作として世界に広く知られています。
このチェアは、1969年にドイツのGute Form(連邦グッドデザイン賞)開催初年度のファースト・アワードを受賞
一枚で全体を覆う様な本革を贅沢に使用しており高級感溢れる一品。
ハイバックになっていることで揺ったりと持たれかけることができ
ゆったりとした座り心地を実現した、とても丁寧な仕上がりになっています。
曲線で構成された優しく包み込むような、その独自のフォルムは機能的でありながら、
緊張感を持った金属製のシャープな脚と有機的な立体曲線を描く皮革シートのコントラストが
彫刻的な美しさを生み出しています

Share this Post: