岡本太郎TAROブロンズ像 若い夢

岡本太郎TAROブロンズ像若い夢  を買取させていただきました

Manufact:Japan
Designer:Taro Okamoto
Introduce:--
昭和50年代、日本青年館新館建設のために著名な作家たちに呼びかけ募金収集活動が行われました。そのときの作品、第1回を担当した岡本太郎氏によるブロンズ像「若い夢」
肘をつき、夢を見るような目で遠くの空を見ている。無邪気にはつらつと生き生きとしたその雰囲気は太郎の残した「若い夢」という詩のことばにあらわれています。
「人生は夢だ。夢みるものは、永遠に若い。にっこり笑って、この世のすべての空しさと闘い、挑み、それをのり越える。その瞬間にこそ、若い夢がひらくのだ。」 
最近、大阪万博のシンボルタワー「太陽の塔」に並ぶ、太郎の代表作といわれている巨大壁画「明日の神話」がメキシコで発見、愛媛で修復されました。恒久設置として京王井の頭線渋谷駅連絡通路で一般公開されています。その際「明日の神話再生プロジェクト」として様々な活動がされ岡本太郎人気としてブームになりました。
絵画もすばらしいですが、造形物はやはり彼の真髄だと思います。立体的なものから醸し出される躍動感と原始的な雰囲気はなんともいえません。「若い夢」は太郎の墓標にもなっており、本人としてもかなりお気に入りの作品だったのではないでしょうか。

Share this Post: