シリックSILIK ロココドレッサー チェスト

シリックSILIK ロココドレッサーチェストを買取させて頂きました。

Manufact : シリックSILIK / Italy
Designer :  ─
Introduce : ─
Size : H1730(mirror870 / chest860) W(mirror770/chest1405) D560(mm)
シリック社は1961年イタリア北部コモ湖に近い
カントゥで創立された装飾家具メーカーです。
創立当初からヨーロッパ古典を忠実に再現して生産するとの名声を高め、
今日ではミラノ・サローネでの展開にも意欲的です。
数人のデザイナーによってロココ時代のモデルを研究し、
「量よりも質」を基本スタイルとしています。
2000年からはコンピューター導入による3DS画面のリアル表示で、
コントラクト専門の個人邸宅、王室や大使館、プレミアムホテルからの
要求にも対応したシステムを確立するなど、
世界各国のセレブリティとの信頼関係を深めています。
ちなみにロココはフランスの後期バロック様式に続いて起こった様式で、
ロココの語源はヴェルサイユ宮殿の庭園で貝殻や石で装飾した築山を
「ロカイユ」と呼んだことに起因します。
やがてロココ様式の主要部となった貝殻模様の曲線を持つ
モチーフを指すようになりました。
シリックといえば、上品で優雅なアイボリー色の
クラック仕上げがポピュラーですが、
「PLUTNOEコレクション」に代表されるような
ゴールドを基調とした豪華絢爛たる装飾を施した
シリーズも高い人気を得ています。
ガブリオールレッグに貝やアカンサスの葉といった彫り物のアイテムは、
18世紀のヨーロッパ王侯貴族の家具を彷彿させる作品が多く、
コルチャゴと並びイタリアゴージャス家具の双璧ともいわれています。
シリックのロココドレッサーチェスト。
世界的な評価を受けるクラック仕上げで金箔細工、
そして丁寧で洗練されたタッチで描かれた
色とりどりのハンドペインティング。
ガブリオールレッグの優美な曲線と大きく起伏するフォルムは
まるで美術工芸のように装飾性で、躍動感に溢れています。
古来、美術、装飾に用いられるアカンサスの葉をモチーフに
妖艶に飾られたミラー部もエレガントでゴージャスな仕上がりです。
宮廷家具を彷彿とさせる凛とした気品を漂わせるシリック。
世界のセレブリティを魅了し続けています。

Share this Post: