ウェグナー PP56チャイニーズチェア

1943年、中国明代の椅子「圏椅」からインスピレーションを得て作られた、
一連のチャイニーズチェアシリーズ
これまでに9種類のチャイニーズチェアが誕生しているが、
このPP56は後期の1989年の作品
初期のものは中国の古典的な意匠が色濃く残されていたが
幾度のリ・デザインを繰り返し、より洗練されたデザインに進化
この中国椅子のへの探求がウェグナーの作風のルーツとなり
後に数々の名作が生み出された
この椅子の誕生なくして、「Yチェア」、「ザ・チェア」を見ることもできなかったであろう重要な作品。
独特の美しいフォルムを持つ笠木は3つのパーツをフィンガージョイントにより継ぎ、削り出されたものである。

Share this Post: