フランコ・ラピーニ イタリア製銀食器

イタリアのフィレンツェ伝統の手工芸を今日に継承する重要な芸術家。
金属彫刻家、フランコ・ラピーニ。
ハンドメイド作品、ジャイアントロブスター飾り蓋付小判盛皿
精巧に作られたロブスターの金属彫刻。
リアルでありながら、その存在感は本物の海老よりも
見る者の目を引く力強さ感じます。
彼の作り出す作品はすべて自然の中にあるものがモチーフ。
草花、動物、魚、海老・・・・、
自然の中にこそ唯一無二の美を感じ、
それをきめ細かく、見つめ、自分のフィルターを通して
金槌に思いを込め打ちつける。
途方も暮れる、緻密な作業は想像するにも数日間の時間を費やし
集中し、作品に命を吹き込みます。
長年の間に培われた、その洗練された造形感覚は、
仕上がり時の見た目の印象で分かるように
圧倒的存在感を放ち、ひとつひとつが
まさに、作品と言うべき品に昇華されています。
そう、彼の作り出すモノすべてが懇親の作品名なのです。
ひとつひとつ、丁寧に作り出す、
妥協をゆるさない「美への執着」その思いそのものが
彼のオリジナルコレクションに存在し、
世界のセレブリティーから愛される所以なのでしょう。

Share this Post: