北の住まい設計社 ダイニングチェア

北の住まい設計社ダイニングチェアを買取させて頂きました。


Manufact : 北の住まい設計社 / Japan
Designer :  ─
Introduce : ─
Size : ChairA H805×W420×D430×SH440(mm)

B H790×W415×D420×SH440(mm)
北の住まい設計社は1985年、店舗設計者の渡辺恭延が
廃校となっていた小学校を譲り受けて、家具工房を開設しました。
「木が土に根を下ろしていたのと同じ年月を、
道具として生き続けられる」ような家具を作りたいというのが、
北の住まい設計社のポリシーです。
渡辺はフィンランドの農家にホームステイした経験から、
家具を工業製品として製作するのではなく、
一生使って次の世代へと引継いでいく道具と考えています。
素材の良さを生かした丈夫な作り方で、
普遍的な形で修理もできるよう無垢の木を使い、
自然な仕上がりを求めています。
チェリー無垢材の温かな素材感が映えるダイニングチェア。
後ろ脚や背板に見られる曲線が柔らかな雰囲気を演出、
座面のブラック色の革張りがアクセントになっていて、
モダンでシックな印象をもたらしています。
ホゾ組みという接合で作り上げる家具は
一人ひとりの職人がひとつずつ家具を完成させていきます。
丁寧なディテールやその仕上がりを見ますと、
職人のこだわりを強く感じる家具であることが伺えます。

Share this Post: