アンリ木彫り人形 干支 ネズミ

アンリ木彫り人形干支ネズミを買取させていただきました。


Manufact :ANRI / ITALY
Designer :  --
Introduce : -Lot.NO : 55476
Size : H70 W85 D45 (単位mm)
北イタリア、ドロミテアルプスに囲まれたサンタ・クリスティ-ナで木彫り人形は
18世紀の初期に始まり、はじめは宗教的な像が作られていました。
この厳しい自然の中で羊飼いの手仕事として始まった木彫工芸は長い歴史の中で
創立者アントン・リフェ-サーの名前を由来とする「アンリ社」が
地元の工芸家をまとめて1912年に設立されました。
ネズミと女の子が仲良く遊んでいます。
厳選された素材を熟練した彫刻家達が何十もの工程をそれぞれの分業によって彫刻するのが特徴で
これは一人で仕上げると作り手によって表情が変る事を防ぐ為です。
小さなものはアルプス楓、大きいものは菩提樹の木が使われています。
かなり北の方でゆっくりと育った樹脂分の少ない、硬くて木目の細かい老木を使用し
彫り上がった作品は専門の彩色家(主に女性)によって独特の技法で彩色されます。
正面からだけでなく、360度どこから見ても細部まで完璧に仕上げられた作品は
木に彩色したと思えない透明感が有って美しく、陶磁器のような質感が年を経つほどにつやが出で魅力的です。
そもそもはキリスト教の聖品としてスタートしたアンリ社では
人形や額、動物など様々な作品を作り出していますが
日本で人気のあるシリーズは、スペインの絵本画家であるフェランディスと
オーストラリアの女性画家サラ・ケイのデザインによるもので
この二人の原画を元に作られた一連の作品は、その愛らしい表情と美しい色彩で
有名なコレクター・アイテムとなっています。
男の子と女の子が仲良く一緒に楽器を吹いています。
厳選された素材を熟練した彫刻家達が何十もの工程をそれぞれの分業によって彫刻するのが特徴で
これは一人で仕上げると作り手によって表情が変る事を防ぐ為です。
小さなものはアルプス楓、大きいものは菩提樹の木が使われています。
かなり北の方でゆっくりと育った樹脂分の少ない、硬くて木目の細かい老木を使用し
彫り上がった作品は専門の彩色家(主に女性)によって独特の技法で彩色されます。
正面からだけでなく、360度どこから見ても細部まで完璧に仕上げられた作品は
木に彩色したと思えない透明感が有って美しく、陶磁器のような質感が年を経つほどにつやが出で魅力的です。

Share this Post: