ボーエモーエンセン   スパニッシュチェア

Fredericia社、北欧デンマークの名匠ボーエ・モーエンセン1959年の代表作
スパニッシュチェア
モーエンセンと言えばこの椅子を思い浮かべる人が多いほど有名な作品で、
馬具職人の技術を生かしたスペイン風の革張りチェアです。
モーエンセンがFredericia社と仕事をするようになってからデザインされた物で
当時、自動車の普及によって馬を輸送手段として使うことが激減し、鞍などの
馬具を作る職人の多くが仕事を失いました。
モーエンセンはその現状を解決するために、背と座に大きな一枚革を使った
椅子のデザインを考えました。
一枚革は使っているうちに伸びてきてしまうため、座面の下でベルトによって
締められるように作られています。
使い手へのその心使いと実用を重視した作りが、深みのある魅力的なデザインになり
どの角度から見てもため息の出るほどの美しいフォルムに仕上がっています。
古くからスペインの貴族階級では、牛皮の一枚革で背と座を張った木製の椅子が使われてました。
モーエンセンはスペインのこれらの椅子をリ・デザインしてゆったりとした
イージーチェアを生み出しました。オーク材の幅広のアームはコップや本などを置く
ちょっとしたサイドテーブルとしても使うことができます。
この椅子はモーエンセンの自邸のリビングにも置かれています。
素材には、木本来の素材感を最大限に活かした無塗装のオーク無垢材と厚手の本革を使用。
使い込むほどに素材の美しい経年変化を見せてくれます。

Share this Post: