Bテーブル

Piet Hein & Bruno Mathsson(ピート・ハイン&ブルーノ・マットソン)デザイン
Bテーブル
スーパー楕円カーブを特徴とするフリッツ・ハンセンの代表的なシリーズ。
独特のスーパー楕円カーブは1950年に科学者でもあるピート・ハインが
幾何学公式とコンピュータを駆使してデザインしたもので、
長方形と楕円を重ねて、その中間点を結んで描いた「完璧なラインの楕円」から
デザインされています。
一般的な丸型や角型のテーブとは異なる使い良さを創り出しています。
ビーチ材のナチュラルテイストが爽やかに空間を彩り
また、脚部はブルーノ・マットソンがデザインしており、特徴のあるバックル式で束ねた
4本の形状は機能と形状が一致した美しいデザインに仕上がっています。

Share this Post: