MKダイニングチェア&CENTRO円形テーブル


1992年、川上元美(Motomi Kawakami)デザイン
MKダイニングチェアは、控えめで繊細な佇まいと同時に、
柔らかく安定感のある座り心地を実現したチェアです。
小振りなアームで立ち座りはスムーズ。脚部のシンプルなデザインは
テーブルやインテリアの中でのコーディネート性を高めています。
イタリアンウォールナット色とダークグレーの都会的なコントラストも魅力的。

STATION CENTRO(ステーション・チェントロ)ダイニングテーブルは
イタリアンウォールナット材の爽やかな木目が天板に
広がった、温もりある表情が魅力的です。
1本脚であることで、座る位置に制約がなく
さらに座る人数にも対応力のある円形のテーブルです。

Share this Post: