トーネット曲木椅子チェア

ドイツTHONET社の代理店のAIDECによる年代物の曲げ木チェア
AIDEC、FMG、秋田木工等で生産、取り扱いされている曲げ木家具は、
19世紀初頭、ミヒャエルトーネットによる曲げ木家具の発明から
殆ど姿を変えず当時と変わらぬ製法で欧州で生産され続けている
普遍的なヨーロピアンスタイルです。
軽く丈夫な上に、見た目も美しい、これらの曲げ木家具の特性が
いつまでも世界中で支持され続ける所以でもあります。
身体にしっくりと馴染む背もたれや曲げ木の美しいディテール、
座りやすいよう高熱の蒸気で曲面加工された座面。
傷や色艶も使い込むほどに味わいを増し、深みのある渋い色調が
アンティーク家具を感じさせる落ち着いた大人な雰囲気を演出します。

Share this Post: