イタリアMedea社アールヌーボーデスク&チェア

世紀を超えて愛される最高峰のアール・ヌーボー様式家具を今に伝える
イタリアの老舗高級家具メーカーMedea(メデア)社デスク&チェア
19世紀末から20世紀初頭にかけて、ヨーロッパを席巻したアール・ヌーボー様式(リバティ様式)。
産業革命以降、機械的になった実用品に芸術性を取り戻そうと、手作業による曲線を大切にしたこの様式は、植物などの自然を多くモチーフにしている事も特徴の一つです
そんなアール・ヌーボーの家具を今に伝えるメデア社は、家具職人が集まるイタリアの
ブリアンツァ地方の家具職人であった先々代が、1905年にひとつの小さな工房を開いたことにより
生まれました。アール・ヌーボー様式をこよなく愛し、精緻な家具をつくり続けた彼の精神は、
彼の孫で現在の社長アウグスト・タリアブーエ氏と職人たちに受け継がれています。
彫刻や籐編み、象嵌など、すべて専門職として技を磨き後世に受け継いできた職人たち。
積年の技と自身の仕事への誇り、そして作品に対しての深い愛情が、それぞれの家具に優雅な表情を与えます。
ひとつひとつが芸術品が故に、現在では非常に希少価値の高い家具様式となっています。
ひとつひとつを、熟年職人による手作業でつくり上げるため、たとえ同じデザインの作品であっても、
微妙に異なっています。それぞれの作品が世界に一つしか存在しないため、家具としての希少価値、
芸術性は他には見ることが出来ません。

Share this Post: