Hock 本革トリプルソファ

カンディハウスの前身であるインテリアセンター時代、
ハウスブランドであったHOCKの3ピースソファ
シンプルながらも曲線を取り入れたディテールが光る60年代頃よりの北欧家具スタイル
直線の部材構成よりも、贅沢な材料取りと計算された設計技術
熟練の木工職人の仕事が必要な上質な家具
過剰な装飾が無いため一見、質素にも見えますが
素材選びや組み立てに誤差に妥協を許さない
大変高度な製作技術が必要とされます
赤味を帯びた茶色の本革クッション、ローズウッド材の木製フレームと合わさって
高級感ただよう渋みある印象を演出。
ベルト状のアームやボタン留めの背もたれなど、使い込まれるほどに味わい深いディテールや
低い座面のフレームシルエットなど、木工家具ながらも洗練された佇まいを持つ本物志向の家具です。

Share this Post: