HermanMiller×Vitra イームズ サイドシェルチェア

チャールズ&レイ・イームズ、マリオ・ベリーニ、ジャン・プルーヴェなど
世界的なデザイナー、建築家がデザインしたファニチャーを世に送り出し続けているvitra社
ハーマンミラー社Herman Miller for the Homeレーベル
チャールズ・レイ・イームズ1950年デザインサイドシェルチェアDSRエッフェルベース
Dining Side-chair Rodと名付けられたこの椅子は、
 イームズの作品には形象と機能、伝統と実験、構成の単純さと極端なほどの
斬新さといった異なる要素がバランスよく保たれています。
ワイヤーチェアと形状はほぼ同じですが、素材を変えるだけでまったく違う表情を見せ、
プラスチックのナマの素材感が温かみのある雰囲気を演出します。
現在のグライズ(アジャスター)はVitra(ヴィトラ)社製の3rdタイプとなります。
床への傷を保護し、角度が変わって床をしっかりガードしてくれます。
当時日本のデザイナーがこぞって魅了されたイームズのプラスチックチェア。
誰もが必ず目にした事がある駅のプラットホームやスタジアムにある
プラスチック製のベンチは、形は様々ですがどこかイームズのシェルチェアを
思わせるものばかりです。特に「技術や素材とともに生まれるデザイン」を
目指した剣持勇にとって、プライウッドやFRPを研究・開発し、それを転用して
デザイナーとして活躍していたチャールズ・イームズはまさに理想像だったといわれています。

Share this Post: