FLOS ロメオソフト  テーブルランプ

イタリア製FLOS社、フィリップ・スタルクデザイン
「ROMEO SOFT T1」テーブルランプ
スタルクデザインのハイセンスなテーブルスタンド。
プリーツの入った布セードオーソドックスなスタイルのようでモダンな処理が秀逸。
ファブリックセードを支える3本のアームの内側には
柔らかい光を作り出すためのもう一つのフロストガラスのセードがあります。
目に飛び込んでくる光はとてもソフトで品があります。
モダンでハイテックな空間はもちろん、トラディショナルな空間にもよく合う照明です。
★Philippe Starck (フィリップスタルク)
1949年パリに生まれる。
1968年パリ・カモンドの装飾美術学校卒業後、ピエールカルダンのメゾンに入社。
家具デザインを担当し、73年退社。
1977年UBIK社設立、1979年にはアメリカでスタルク・プロダクト社を設立。
その後、ミッテラン大統領のためのエリーゼ宮の内装デザイン
パリの「カフェ・コスト」のインテリアデザインをはじめとし
フランス、アメリカを中心に、最先端のホテル等のデザインで
常に話題となる実績を上げてきました。
日本では、特に1989年の東京、浅草のアサヒビール吾妻橋ホールのオブジェ
「フラム・ドール」(金の炎)が一躍話題となり
その名を広く知られることとなります
。現在もホテルだけで10以上のプロジェクトを抱え、
車、カメラなどあらゆる分野からも依頼が殺到している。
文字通り、20世紀を代表するスーパーアーティストです。

Share this Post: