Paul Kjaeholm / ポール ケアホルム

ブランド家具・デザイナーズ家具・調度品の買取専門リサイクルショップ"イズヤリサイクル" での買取の一例をご紹介します。

Paul Kjaeholm / ポール ケアホルム とは

PK8チェア
フリッツ・ハンセン ポールケアホルム PK0チェア
PPMobler社 Paul Kjaeholm(ポールケアホルム) ルイジアナチェア

ポール・ケアホルム(1929-1980)は、若くして才能を発揮した北欧デザイン界の鬼才といわれた人物。デンマーク北西部の田園地帯に生まれたポール・ケアホルムは、7歳のとき家族でヤーイングへ移住。当初は画家を目指していたが、祖父の勧めで地元ヤーイングに住む家具職人に弟子入りする。家具職人としての修練を積み、すぐれた能力を発揮したケアホルムは18歳で家具職人の資格を認められ、1948年からは美術工芸学校でハンス・J・ウェグナーに師事。1950年からコペンハーゲン工芸学校の夜間コースへ通い、家具デザインを学びながらハンス・J・ウェグナーの事務所に勤務。卒業後はフリッツ・ハンセン社、コペンハーゲン工芸学校夜間コースの講師、コペンハーゲン王立美術アカデミーで教鞭を執り、その間もエリック・ヘアロウ、パレ・スユエンソンの事務所に勤務し実務と後進の育成など、精力的に活動した。ウェグナーの事務所勤務時に知己を得た家具メーカー、アイヴァン・コル・クリステンセン社から発表した1955年のPK22 そしてそれに続くPKシリーズは国内外で高い評価を得た。アイヴァン・コル・クリステンセン社との家具製作・販売の協力関係はケアホルムが51歳の若さで亡くなるまで続いた。1960年には第12回ミラノトリエンナーレにおいてデンマークパビリオンの展示デザインを担当し、1976年にコペンハーゲン王立美術アカデミー学長に就任した。数年後、肺がんにより死去。主に金属素材を用い、シャープで直線的な洗練されたデザインでありながらもデンマークの工芸的な美意識を感じさせる他に類を見ない作風は独特であり、鋭く繊細なディティールは当時の世代のデザイナーたちの追随を許さず、まさに鬼才であった。現代においても熱狂的なファンからの支持を受け続けている。

izuya-recycleなら Paul Kjaeholm / ポール ケアホルム がどこよりも高く売れます。

高級家具、デザイナーズ家具、国内・海外ブランド問わず、ご不要になった家具がございましたら実績多数の当社に是非お売りください。経験豊富な専門スタッフが「安心と納得の査定」で、お客様の満足度を最優先に考えたお取引をいたします。当社の買取システムと高価買取は、たくさんの方からのご支持を頂いております。
あらゆるインテリアに精通した「家具買取のプロフェッショナル」であることが、我々の大きな誇りです。
カッシーナ、アルフレックス、ドレクセルヘリテイジ、ハーマンミラー、B&Bイタリア、デセデなど、世界的な高級ブランドの高価買取に絶対の自信と実績があります。アンティーク家具、北欧家具、国産家具などの高価買取も可能です。メーカー不明品やノーブランド、状態の悪い家具などの査定も行っております。ご依頼は1点からでも受け付けておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。お見積・査定無料、出張費無料。

izuya-recycleはどこよりも高く売りたい方の願いに応えます。

Paul Kjaeholm / ポール ケアホルム の買取なら多くの実績がございます。どこよりも高く買わせてください。

当社はPaul Kjaeholm / ポール ケアホルムの買取に力を入れています。おかげさまでこれまで多くのPaul Kjaeholm / ポール ケアホルムを買取させて頂き、たくさんの満足の声を頂戴してきました。「高く売りたい」というお客様の願いに応え、相場以上の高価買取を実現しております。実績と豊富な知識・経験、そして企業努力により、どこよりも高いお見積が出来る自信がございます。目利きの専門スタッフがプロの視点でしっかりと査定し、お客様の満足度を一番に考えた安心と納得のお取引を約束します。買い替えや売却をご検討中なら「Paul Kjaeholm / ポール ケアホルム買取のプロ」である当社に是非一度ご相談ください。どこよりも誰よりも高く買わせてください。

イズヤリサイクルの Paul Kjaeholm / ポール ケアホルム の買取実績一覧

PK8チェア

PK8チェア

フリッツ・ハンセン ポールケアホルム PK0チェア

フリッツ・ハンセン ポールケアホルム PK0チェア

PPMobler社 Paul Kjaeholm(ポールケアホルム) ルイジアナチェア

PPMobler社 Paul Kjaeholm(ポールケアホルム) ルイジアナチェア