ベルニーニBERNINI60’sローズウッドサイドボード

ベルニーニBERNINIによるローズウッドサイドボードを買取させて頂きました。

Manufact : BERNINI / Italy
Designer : Gianfranco Frattini / Italy
Introduce : 1957
Size : W2100×D530×H730(mm)

イタリアを代表する最高峰家具ブランド「BERNINI」ベルニーニ。
この大型サイドボードは、デザイナーGianfranco Frattini(ギアンフランコフラッターニ)が、
1957年に手がけました。彼のデザインは厳格なラインにその特徴があり、木材を好んで使っています。
彼の特徴がいかんなく発揮されたのが、このブラジリアン・ローズウッドを用いた大型サイドボードです。
ブラジリアン・ローズウッドといえば、ブラジルのバイア州周辺にしか生息しない稀少な樹木であり、
最高級の家具材として重宝されていて、現在ではワシントン条約によりブラジル国外への輸出が
禁じられていて、ますますその稀少性が高まっています。
この大型サイドボードには、赤紫色で黒い縞模様が隅々にまで波打つように広がり、
美しい艶で覆われ、その圧倒的な存在感に魅了されます。
さらに繊細な技巧を凝らした仕上げにも感嘆するばかりです。
例えば、前板には触れてみなければわからないほど巧妙に作られた蛇腹の扉があり、内部は大型の収納
スペースになっています。また、サイドボードの左側にある引き出しには、まるでくり貫いたかのような
楕円形の取っ手があり、引き出しの外側に溝が彫られ、ガタつきや緩みが起きないような設えになっています。
脚は綺麗なアーチを描くブリッジ型の6本脚。それぞれの脚は高浮彫の技法を用いて深い陰影をつけ、
足の先端も極めて細くなり、上から見下ろすと、あたかも脚が宙に浮いているかのような錯覚すら覚えます。
ちなみにフラッターの師匠は、超軽量の椅子と呼ばれた「スーパーレジェーナー」の作者、ジオ・ポンティであり、
師弟ともども革新的なデザインに挑んでいます。
このサイドボードは、どの角度から眺めても圧倒的に美しいプロポーションが美意識の高さを強調し、
イームズのローズウッド仕様のラウンジチェアとセットアップすると、
最高に格好良いかと思います。

Share this Post: