アルネ・ヤコブセン AJテーブルランプ

ルイスポールセン、アルネ・ヤコブセンデザイン、AJテーブルランプ
1959年、アルネ・ヤコブセンがコペンハーゲンのロイヤルホテルを設計した際、
名作「エッグチェア」や「スワンチェア」と共にデザインし、翌年既製品化されました。
ヤコブセン/AJランプは直線、直角、斜角による構成され、
テーブルランプのシェードは75度、フロアランプのシェードは90度可動します。
また、AJランプには、アルネヤコブセンの作品のデザイン性が反映されているといえます。
まずストレートのラインと斜角は"series 3300"の椅子とソファーを、
そして彫刻的でもある卵型とベースは"shell chair"を、
さらにはシェードの傾き加減、丸いエッジ、またそれに対応したベースの丸い空洞
そして上部の円筒は"pendant lamp"を連想さます。
こうして見ていくと、アルネヤコブセンのデザインの多くは円と円筒がベースに
なっていることに気付かされます。
ちなみにランプのベースは、本来は灰皿を置くために穴があけられています。

Share this Post: