デヴィッド チップフィールド エアフレーム30022 センターテーブル

イタリアcassina IXCDavid Chipperfield(デヴィッド・チップフィールド)デザイン
エアフレーム30022センターテーブル
デヴィッド・チップフィールドがイクスシーの為にデザインしたエアフレームは、
アルミハニカムパネルを採用したシリーズです。
ハニカムパネルとは、文字通り蜂の巣状の構造をもつパネルで、
軽量かつ強度に優れている為、昔から航空機、列車などに使われてきた素材です。
エアーフレーム(エアー=空気、フレーム=枠)というネーミングは、
空洞をもつこのハニカム構造のイメージから生まれました。
素材の美しさを際立たせ、シンプルというこのうえない機能性を兼ね備えた
このシリーズはパブリックスペースに最適です。
エアフレームシリーズの最大の特徴は極限の薄さにあります
特殊な素材と構造によってのみ成り立つ
構成部材の薄さによって、究極にミニマルなプロポーションが生まれ
ピンと張り詰めたような、心地良い緊張感を空間に与えます

Share this Post: