イームズ EAMES アルミナムチェア

kkhhk1.jpgオフィスチェアの頂点ソフトパッドグループ・チェアと共にアルミナムチェアは、
ハーマンミラーとチャールズ&レイ・イームズとの30年間におよぶ関係から生まれた
永久的デザインの代表作です。現代的なオフィスや会議室あるいは家庭でも使われており
もとは、エーロ・サーリネンが設計し、アレキサンダー・ジラードが
インテリアデザインを手がけた住宅「ミラー邸」のためにデザインされました。

構造部分はすべて耐久性に富むアルミニウム仕様で
薄いシートの左右は両サイドのリブ
上下は座の先端と背の上端のバーに固定してピンと張られ
両脇のリブは、背もたれの裏側を横断するもう1本のアルミバーで繋ぎ
ハンドルとしても使えるように設計されています。

力強い肉感的な表情を見せるイームズ・オフィスとジラードが共同開発したシートは
「サラン・ウィーブ」と呼ばれ、ボーダー状に区切られたデザインには滑り止め効果もあります。

SOHOのワークスペースからエグゼクティブのミーティングスペースまで
高級感漂う洗練された空間演出には欠かせないチェアとして愛され続け
特にそのバックビューは、機能的かつ洗練された美しさで現代的な空間をも演出します。